持ち物・服装-山編

  • HOME
  • 持ち物・服装-山編
 

トレッキング中の服装について

石鎚山トレッキング(東陵ルート)の場合、標高2000m近く、亜寒帯の気候になりますので、特に服装に注意して頂きたいです。
ただ、なかなか高価なアウトドアウェア、トレッキングシューズを揃えるのは難しいと思います。
ウェアの基本は、軽いもの、汗が乾きやすいもの、ストレッチ素材の動きやすいもの、頑丈なものとなります。
アウトドアウェアは、この機能を追求しているんですね。
普段着から選ぶ際は、特にベースレイヤー(肌着、アンダーウェア)に気を付けてください。
綿生地は避けて、汗冷えをしないよう乾きやすい化繊素材のもの、また春秋の寒い時期にはウール素材のアンダーウェアもおすすめです。
化繊と言っても、ヒートテック系のものは絶対に避けてください。こちらは、汗をかかないタウンユースでは有効ですが、汗をかいて寒暖差がある環境では保温性を保てません。
その他に、ミッドレイヤー(中間着、防寒着)、アウターレイヤー(防風・防水、レインウェア、ウインドブレーカー)にも注意点はありますが、肌に密着するベースレイヤーが特に重要になります。
濡れた時の為の着替えも必ずご用意ください。
また、山の天候は変わり易いですので、晴天でも雨具はご用意ください。
藪漕ぎがありますので、ポンチョのようなものは不可です。防水タイプのズボンやスパッツなど足元の濡れに対応できるようにしてください。
詳細は、このページの下にお進みください。

お弁当・携行食について

石鎚山トレッキング

石鎚山の東陵ルートは土小屋から出発しますが、お弁当や携行食(アメ等)は、集合場所近辺ではなく、少なくとも久万高原町の町中までに購入等でご準備ください。
集合場所近辺では、購入できません。

ただし、岩登りも少しありますので、あまり荷物を重くすると、動きに制約となります。

面河渓ネイチャーツアー

1日コースでは、渓泉亭・面河茶屋のお食事が付きますが、半日コースの場合は、ありません。
もしツアー前後にお食事を希望の際は、事前にご予約をお願い致します。
臨時休業、売切れ、混み合って時間がかかる等で、ご用意できない場合があります。

あるとよいもの

ザックカバー 雨が降った時に、ザックの中身を濡らさないために、あった方がよいです。
ヘッドランプ 万が一、暗くなってしまった時に、行動ができるように。
日焼け止め 標高が高くなると、紫外線も強くなります。
手ぬぐい・タオル 汗拭き、首に巻けば日焼け防止、救急用にもなります。
健康保険証のコピー・免許証 不測の事態のために。
折り畳み傘 雨の時に、役立ちます。

服装についての詳細

普段着から選ぶとすると

高低差があるトレッキング中は、登りでは汗をかき暑くなり、昼食などの休憩中は汗が引き冷え、降りでは疲れが溜まり疲労感が増します。
更に、早朝から昼にかけて温度は上昇し、下山時には下がります。
雨が降れば濡れ、風が吹けば身体を冷やします。
こうした状況の変化に対応できるように機能性を高めたものがアウトドアウェアです。
汗をかいたらすぐに乾くように、雨や風で冷やされないようにシールドできるように・・・相反する機能が同時に確保しようとすることですね。
高価なアウトドアウェアは、こうした機能性は高いです。
ただ、こうしたウェアでなくても、普段着の着方によって大分補えます。
要は、服を着たり脱いだりを繰り返しながらすればよいのです。
暑くなったら脱ぎ、寒くなって来たら着る・・・これをこまめにやればよいのです。
もっと言えば、登りで暑くなるだろうと予測出来たら少し寒くても脱ぎ、休憩する時にはすぐに着ればよいのです。
その為には、レイヤード(重ね着)が基本になります。

ベースレイヤー(肌着、アンダーウェア)

基本は、速乾性です。汗冷えをしないよう乾きやすい化繊素材のもの、また春秋の寒い時期にはウール素材のアンダーウェアもおすすめですが、綿生地は、乾きにくいので避けましょう。
また、ヒートテック系のものも速乾性が優れていないので避けましょう。
このように注意しても、着用してくる人がいるので、念のため、もう少し補足します。
ヒートテック系の保温効果は、汗などの水分を繊維に吸着させてその水分を体温で温めることで確保するということだと思いますが、これは、キャニオニングでのウェットスーツの保温効果と原理はほぼ同じです。
ドライではないウェットスーツで水に入る場合は、水が入っても、ピッタリしたサイズであれば水が抜けず、体温で水が温まり、保温性が確保されます。サイズが緩く、水に入る度に水が抜けてしまうようだと保温性はほぼ無くなります。
乾かすのではなく、水をまとって自分の体温で温める・・ということです。
濡れてもすぐに乾くことで、汗冷えを防ぐ速乾性とは真逆ですね(;^_^A
長々と書きましたが、登山靴、レインウェア、ザックが登山の三大用具と言われますが、山で体調が悪くなるのは、服装に問題がある場合が多いので、ぜひ心に留めてくださいね。
普段着の中で選ぶのならば、スポーツウェア、ジャージなどの化繊素材の服が適しています。
あと、予備でもう一枚用意しておけば、濡れてしまった時に役立ちます。
私の場合は、クルーネックやハイネックのハーフジップタイプを利用しています。ハーフジップのタイプは、ジッパーを開け閉めすることで温度調節が簡単に行え、着脱も容易だからです。

ミッドレイヤー(中間着・防寒着)

保温力、吸汗拡散性に優れた素材がベストですが、定番は、フリースかインナーダウンです。フリースは、アウターにもインナーにも用途が広く、軽く、保温力も吸汗拡散性にも優れているので、普段でも利用されている方は多いと思います。厚手のフリースよりも、薄手のものを2枚使用する方が、動きやすさ、温度調整はし易いです。

アウターレイヤー(防風・防水、レインウェア、ウインドブレーカー)

レインウェアと兼用するのが便利です。アウターは、雨風を防ぐのが重要ですので、機能性は満たしています。

パンツ

ベースレイヤーと一緒で、乾きやすい化繊素材のものがよいです。岩登りがあるので、動きやすいストレッチが利くものがよいです。

ソックス

やはり綿生地は避け、厚手のものを利用しましょう。保温だけでなく衝撃を緩和してくれる機能もあります。

帽子

手袋