面河渓ネイチャーツアー

  • HOME
  • 面河渓ネイチャーツアー

面河渓の不思議が分かるお手軽コース

石鎚山の中腹にある天下の絶景と評された面河渓
石鎚国定公園
花崗岩が織り成す奇岩

気がつかなかったコトの気づき

ツアー写真無料ダウンロード
渓泉亭でティータイム

Gorge.OMOGO Nature Rambling Tour

 

ガイドからのメッセージ

面河渓トレッキングの魅力!
面河渓は、石鎚山の中腹に位置している西日本を代表する渓谷です。
遊歩道も整備されていますので、気軽に散策できます。
ただ、この渓谷の自然、成り立ちは、ただ歩くだけではわかりません。
どうして巨大な岩の壁ができたの?なぜ岩の隙間から風が吹くの?
一緒に歩けば、今まで見過ごし気づかなったものがあらわれて来るでしょう。

ネイチャーランブリング

面河渓の「なぜ?」に触れ、知ろう!

ランブリング(Rambling)とは、ただ歩くのではなく、何かをしながら歩くこと。
面河渓の景観に癒されながらぶらぶらと歩きながら、地質、地形、動植物、文化(人の営み)などのテーマの視点を持って、自然の中の気づきを見つけて行きましょう!
例えば・・・・

Q1.巨大な亀腹岩はどうやってできたのでしょう?
高低差100mにもなる岩壁は、花崗岩(かこうがん)です。
花崗岩は、深成岩と呼ばれるもので、地下15キロ以上の深さにあったマグマがゆっくりと冷えて固まって出来たと言われています。
地下15キロ以上?
今、見上げている岩壁がどうして地上にあるのでしょう?
石鎚山系の成り立ちのヒントがここにあります。

Q2.面河渓での人の営みはいつから?
面河渓の標高は凡そ700mぐらいで、暖帯林のモミやツガの大木が見れますが、栃(トチ)の木も、あります。トチの実は、栗によく似ていて、トチ餅の材料になりますが、灰汁抜きの大変な行程があります。
また、面河の固有種「オモゴテンナンショウ」も見られます。テンナンショウはサトイモ科の植物ですので、根にイモがあります。これも灰汁抜きすれば、食べれます。
いつ頃から面河渓には人が入っていて、その自然とどう関わって来たのでしょう。

半日コース

面河山岳博物館から亀腹岩周辺まで

面河渓散策のベーシックなルートです。
遊歩道も完備され、高低差もあまりありません。
関門、空船橋、相思渓、亀腹を巡った後、渓泉亭を見学して、カフェタイムを楽しみます。
支流の鉄砲石川へとポイントを移し、櫃の底、紅葉岩、お月見岩などを巡ります。

半日コースのポイントを少しご紹介します。

コース難易度

初級 ★☆☆☆☆

距 離

5キロ弱

ツアーポイント

関門(猿飛谷)

左側と右側で地層が違う境目の滝
石鎚山系の地層の不思議を読み解く鍵で、猿飛佐助の由来にもなった。

亀腹岩

高低差100mにも及ぶ花崗岩の壁
かつては岩茸採りがされていた。岩茸って、なに?

渓泉亭旧館

昭和5年に建築されたモダンな元旅館
カフェを楽しみながら、面河渓の観光開発の歴史について知ろう!

鉄砲石川

面河本流から分かれて、支流にも行ってみましょう。
兜岩、お月見岩、紅葉岩など・・

半日コースの要項

参 加 料 金
大  人 ¥ 3,500(税込)
小中高生 ¥ 3,000(税込)
※ ハイシーズン(土日祝日)は、+500円
※ 料金はお1人様の料金です。
料金に含まれるもの
ガイド料、保険料、お茶とお菓子、ツアー写真ダウンロード
参 加 対 象
小学生以上の健康な男女
 
時 間
午前の部
集合: 9時30分/解散:12時30分
午後の部
集合:13時30分/解散:16時30分
所用時間 / 3時間程度

集合時間は厳守となります。
解散時間は、天候、お客様の体力等によって前後しますこと、ご了承ください。

期 間
通年(7月中旬から8月末までを除く)

ご予約

1日コース

面河山岳博物館から霧が迫の滝まで

前半は、半日コースの内容と同じになります。
午前の部が終了後、面河茶屋にて昼食を取ります。地元食材を使った面河定食を味わいながら、休憩しましょう。
午後の部は、面河本流を上流に向かって、風穴、紅葉河原、熊渕、水呑の獅子、虎が滝、面河古道、霧が迫の滝と巡り、引き返します。

1日コースのポイントを少しご紹介します。

コース難易度

初級 ★★☆☆☆

距 離

10キロ弱

ツアーポイント

昼食

渓泉亭・面河茶屋にて、亀腹岩を眺めながら、地元食材をふんだんに使用した面河定食を味わおう!

上・下熊渕

まさに仁淀ブルーの源流!!
エメラルドグリーンからブルーへの変化がどうして起こるの?

苔(コケ)の参道

天然の苔に覆われた森の道
苔の世界から面河渓の森の成り立ちを考えよう。

面河古道

半世紀振りに復活した石積みの古道
霧ヶ迫滝まで、石組み、木組みの道をちょっとスリリングに楽しもう。

1日コースの要項

参 加 料 金
大   人 ¥ 8,000(税込)
中 高 生 ¥ 7,000(税込)
※ ハイシーズン(土日祝日は、+500円
※ 料金はお1人様の料金です。
料金に含まれるもの
ガイド料、保険料、お茶とお菓子、面河定食(渓泉亭・面河茶屋)、ツアー写真ダウンロード
※ 面河茶屋での追加注文は自己負担となります。
参 加 対 象
中学生以上の健康な男女
 
時 間
1日1回開催
集合:9時30分/解散:15時30分
所用時間 / 6時間程度

集合時間は厳守となります。
解散時間は、天候、お客様の体力等によって前後しますこと、ご了承ください。

期 間
3月末~7月中旬、8月下旬から12月上旬

ご予約

共通の事項

集 合 場 所

面河山岳博物館手前駐車場(久万高原町)

特典・サービス

ツアー写真データダウンロード

準備していただくもの

登山用品は、必要ありませんが、以下の個人装備は、ご自身で準備をお願いします。
当社ではレンタルサービスをしておりません。

☑ 軽快な登山の服装(速乾性のシャツ、ストレッチ性のズボンなどがお勧め)
☑ 雨具(ゴアテックスのジャケット上下など・ポンチョも可)
☑ トレッキングシューズ(歩きやすいもの、スニーカーも可)
☑ 帽子
☑ 手袋(軍手も可)
☑ ザック(容量20リットル程度)
☑ カメラは防水して(念のためジッパー付きポリ袋などご用意ください)
☑ ストック(下りが苦手な方は準備されると安心です)
☑ ドリンク(500ml.×1本が目安)
☑ その他、必要に応じて担当ガイドからご連絡します。

お支払い方法

現金・コンビニ決済・クレジットカード決済

ツアー当日のお支払いは、現金のみの扱いとなります。

コース参加上の注意事項

悪天候やフィールドに異常があり、危険が予想される状況では催行を中止、または一部プログラムを変更する場合がございます。
飲酒・二日酔い・体調の悪い方・妊婦の方の参加はお断りいたします。

トイレは、コース上の出発点と渓泉亭・面河茶屋、第1と第2キャンプ場にあります。携帯トイレなどは必要ありません。

コース上には滑りやすい箇所もあります。
※ 参加可能か不安な方は、お気軽にお問い合わせください。

注意・安全・保険について

悪天候の際は、中止になる場合があります。

キャンセルについて

お客様都合のキャンセルの場合、キャンセル料が派生することがあります。

キャンセルについて

面河渓の四季

ベストシーズンは、いつなのでしょうか?
紅葉の名所でもある面河渓の見頃は、10月下旬から11月上旬となります。ただ、1年で1番に人が混み合う時期です。
春は、花と新緑が映えますし、鳥や虫たちも活動を始めます。冬の雪景色も格別です。
季節毎に、新しい気づきがあらわれることでしょう。
地質や歴史は・・・通年変わりませんので、ラブリングは年がら年中楽しめます。

  • 春(4月~6月)
  • 夏(7月~8月)
  • 秋(10月~11月)
  • 冬(12月~3月)